組織ってむずかしい

  • 2014.06.25 Wednesday
  • 17:35
サッカーワールドカップ ブラジル大会の日本代表は残念な結果でした。
サッカーのことは詳しく分からないので多くは語れないが、「スポーツは結果が全てじゃない」
と言っていたブラジルの牧師さんの言葉が印象的だった。
私の見方としては、チームの中心メンバーのほとんどが海外でプレーしていて、それなりの評価を受けている。
そんな天狗がゴロゴロいるチームをまとめるのは至難の業だと思う。海外でプレーする個人のステイタスとワールドカップのチームとしての好成績の両立は難しい。
日本のサッカーはまだまだ将来が楽しみな中学生のような気がします。

今回サッカーの試合を見ていて気づいたのですが、サッカーの監督はスーツ姿、バスケもスーツ、ラクビーはベンチにも入ってない。それに比べ野球はユニホーム姿でベンチの中。これって何か意味があるのか・・・?Gの原監督は絶対試合に出ることは無い。Dの谷繁監督みたいなスタイルが本来なのか?
たぶん・・・、もともとプレーイングマネージャーでやっていたが、分業した方が強いチーム作りが出来るので進化していったのだろう。
レベルが上がって(成長して)くると、同じやり方では通用しなくなってくる。過去に上手くいったやり方に戻してもそれは時代遅れで受け入れられない。今年のLのように。

世の中にはいろいろな立場の監督さんがおられます。スポ少の指導者・ザック・〜・安倍首相・会社のトップまで・・・。
みなさん自分が預かるメンバーがどんなレベルか見極めて、どう率いていくのがベターかを選びながら、最強のチームを目指してがんばっています。
だから「結果が全てじゃない」のです。
 
コメント
コメントする