敗者の弁

  • 2014.07.18 Friday
  • 21:51
ずいぶん前から思っていたことだが、この機会に述べておかないと的外れになってしまう。
サッカーW杯が終わり、日本はこれから高校野球一色になっていく。

よく聞く敗者の弁に「自分のプレーができませんでした。」(やればいいがに!誰もすんな言うとらんがに!)
サッカー日本代表も「日本のサッカーが出来ませんでした。」やと。(日本のサッカーちゃ何よ!勝つサッカーかぁ?)
もともとW杯の舞台で、思い通りのプレーをしようと考えるところに間違いがあるがじゃないか?
思い通りにプレー出来ない → 焦る → ミスする → 失点する → 負ける オシマイ
このスパイラルを変えないといつまで経っても同じことの繰り返しになる。
「どんな時も平常心を忘れず、やるべきことをやる。」この事を日頃から練習するべきでないか。
もう8年前になるが、甲子園のマウンドでハンカチ王子はピンチになると必ず大きく深呼吸していた。
深呼吸して冷静になって投げる一球と、焦って投げる一球は同じ球でもまったく違う。

どうか高校球児のみなさん、自分のプレーが出来るように健康に留意して平常心でがんばってください。
 
コメント
コメントする